マレーシアでインターネットを利用している現地の方は、検索エンジンに単語を入力して検索をする際には英語だけでなくマレー語でも検索することがあります。特に英語だとマレーシア向けに作られたものなのか世界に向けて作られたものなのかがわからないので検索エンジンへの最適化が不十分でサイトの上位に表示されることが少なくなってしまうのです。このようなことを避けるためにも英語だけでなくマレー語でも記述することが良いです。マレーシアの方の中にはマレー語を知らない人もいるので英語で検索することもありますが、逆もあるので注意が必要になります。サイトの言語の設定についてはサイトの上部にマレー語と英語を変更するボタンを設置することが良いです。サイトの表示言語の変更に関してはjavaScriptなどの非同期型のプログラミング言語で記述することで快適に変更することができます。更にスマートフォンからのアクセスもあるのでスマートフォン用にサイトを最適化することでSEO対策になります。スマートフォンサイトにも両方の言語で記述したほうが良いです。SEO対策で重要なことはサイトの訪問者がサイトを長期間閲覧することで離脱率が高くなってしまうとその分検索エンジンからもマイナスの評価になってしまうのです。だからこのようにマレー語と英語の両方で記述することにより快適なサイトを提供することが可能になり、離脱率を低減させてSEO対策を行うことが可能になるのです。