マレーシアのIT系の求人を探したい場合は日本の求人サイトよりもマレーシアの現地の求人サイトが良いでしょう。日本人向けに作られた日本のサイトもありますが、マレーシアで運営されている求人よりも特に日本で運営されている求人の殆どは給料が少なく余分な斡旋業者を経由しているのでその分報酬が少なくなっているのです。だからマレーシアの言語で求人を検索していく方法がおすすめできます。マレーシアのIT系の求人サイトによっては留学生や外国人向けに作られたものもあるので非常に見やすく便利です。ただしマレーシアで働くためには労働用のビザを発行されない限り求人サイトにエントリーすることは難しいでしょう。求人サイトによっては身分証明書を提出されることがあるので予めパスポートなどをコピーしておいたりしてすぐに本人確認ができるようにしておくと良いです。

IT系の仕事の場合は実務経験を要求されることがあるので具体的にどのような会社に所属していて、どのような仕事を行ってきたのかを説明する必要があるので注意しましょう。日本のエンジニア職よりはマレーシアのエンジニアのほうが給料が高めの傾向がありますが、求められているスキルも違うので求人情報を確認してそれぞれの環境に合わせておくことが重要です。現地で働くだけでなく、日本でインターネットを経由して働く方法もあるので労働ビザを発行することができない場合はその方法を選択することが良いでしょう。同じようにシンガポールでの求人を探す際にも、現地の求人サイトを見てみましょう。数あるシンガポールでの仕事の中から、あなたにあった案件が見つかるはずです。